SOCCERKING OPINION

メニュー

ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 第一話/全六話)



序文 モスクワにて



 1980年モスクワ五輪から大凡半世紀を経て開催されるFIFAワールドカップは、モスクワ市民待望の“スポーツの祭典”。本田圭佑がミラノへ去った後も孤軍奮闘する若者は間もなく凍える季節を迎える。11月21日ディヴィジョン1(ロシア2部)22節 アウェーでスパルタク・モスクワⅡはFCヴォルガル・アストラハンに敗れこそしたが、唯一のセカンドチームが20チームで争うなか7位の健闘は称えられて然るべき。出番こそ無かったものの、この日久しぶりにベンチに腰を降ろし篠塚一平(1995年3月生)は目の前の戦況を見つめた。

【空港内モニターにはモスクワ勢を凌駕したゼニトの元Jリーガー映像とロシア語の文字】
【空港内モニターにはモスクワ勢を凌駕したゼニトの元Jリーガー映像とロシア語の文字】


 本年は第二次大戦終焉から70年。戦勝国ロシアのシェルメチボ空港に降り立ち祝賀ムードを感じたのは今春。70年でこの盛り上がりならば終戦から半世紀の節目を迎えた1995年のボルテージは容易に想像できる。



 ゴルバチョフ政権がペレストロイカを推し進める時代に訪問したモスクワは、生まれて初めて足を踏み入れた欧州の都市。アルバイトで連日麻布の領事館へと通った三十年前から変らず未だに短期滞在でも観光査証が必要なのだから近いようで遠い稀有な国。



 阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件の天災人災大惨事が相次ぎ、マイクロソフト社からのWindows95発売がもたらしたIT元年。ネット株取引解禁など経済や文化、社会全体が大きな転換期を迎えていたのが今振り返ると1995年。
 フットボールも欧州南米以外では初の開催となったワールドカップ米国大会が閉幕直後の94-95シーズン。欧州蹴球シーンの頂点に君臨するロッソネロに唯一対抗し得るクライフ・バルサが崩壊する中、彗星が如くAFCアヤックスは時代の表舞台に躍り出た。ボスマン勝訴の裁定によりフットボールはスポーツからマネーゲームかと見紛う変貌を遂げプレーヤーの大移動を誘発したのもこの年、勢力図は一変した。

【アヤックスの本拠地アムステルダム・アレナ内のレストラン。壁にはビッグイヤーを掲げるライカールトの写真】
【アヤックスの本拠地アムステルダム・アレナ内のレストラン。壁にはビッグイヤーを掲げるライカールトの写真】


1995年の転機



 一方国内に目を向けると、前日本代表監督ハンス・オフトがヤマハFCジュビロ磐田を指揮している。カップ戦のファイナリスト、セカンドステージの勝率五割で94年のシーズンを終えた。昇格クラブの数字としては上出来。但し基本戦術の浸透さえ疑問視されるゲーム内容が続く。ジェラルド・ファネンブルグのパスとサルバートレ・スキラッチの決定力に依存せざるを得ない”堅守からカウンター“の現実と、理想に掲げるオランダ流の乖離は覆い難い。

【1890-90シーズンのFCユトレヒト集合写真】©ANP
【1890-90シーズンのFCユトレヒト集合写真】©ANP

 ハンス・オフトはマツダから日本代表を指揮する間、母国でユトレヒトのディレクターに。中央スーツ姿がハンス・オフト。右隣のロブ・アルフレインは91年アヤックスに移籍するが鳴かず飛ばず。昨季FCユトレヒトの監督を務めたが途中解任されている。

【カタール ドーハ空港】
【カタール ドーハ空港】
 

 94年中田英寿氏、故松田直樹の新世代がアジア予選を突破。95年カタールで開催されたワールドユース(現U-20ワールドカップ)因縁のドーハの地でベスト8の快挙。五輪代表は94年オランダから帰国しフランス戦でA代表初ゴールを決めた小倉隆史氏(現名古屋GM補佐)を中心に最終予選に挑むはずが、右足後十字靭帯断裂の重傷で前途には暗雲が立ち込めた。

五輪予選敗退を知らない世代



 その1994年ファン・ウェルメスケルケン・際は、父親の母国であるオランダ南東端マーストリヒトに生まれた。二歳で渡日、ヴァンフォーレ八ヶ岳でボールを追いかけた少年には、父親の伝手でエールディビジNECナイメヘンやドルトレヒトの育成部門での練習にも参加する機会が与えられた。北杜市立甲陵高校卒業後、ドルトレヒトのセカンドチームの門を叩いたのは、自然の成り行きと言えなくもない。



 2015年5月10日 際は、トゥエンテとのアウェー戦にフル出場。宮市亮も途中出場を果たし日本人対決が実現した。アマチュア契約から二年の歳月を費やし念願のトップデビュー戦。それは長い旅の一里塚に過ぎないのかもしれない。



 ドルトレヒトは5月17日 最終戦アヤックス戦をホームで迎えた。右サイドバックのスタメンはキャプテンマークを巻いたフォルテス。前半はスコアレス。ヴィクトール・フィッシャーのゴールで先制されるが70分に同点。そしてロスタイムのリッキー・ファン・ハーレンの劇的な勝ち越し弾で降格クラブが意地を見せたが際自身はベンチで試合終了のホイッスルを聞いている。

 

二部リーグで闘うセカンドチームたち



オランダでは一昨季(2013-14シーズン)の改変によりアヤックスとPSV、トゥエンテのセカンドチームが二部に参戦している。三強の一角フィエノールト・ロッテルダムの名前がないのは、赤字は勘弁というシンプルな理由。オランダにはプロの三部が存在しない。エールステ・ディビジ(別称ジュピラーリーグ)の下はアマチュアリーグ(名称はトップクラッセ)になる。



国内ブランドを除げばこれまで最も多く筆者の喉を潤したウシ紋章の麦種。ピードボーウフ醸造所(ベルギー)のブランド『ジュピラー』がベルギー一部の冠は頷けるがオランダで観ると少々違和感も。

 今年関西大学を卒業した阪口貴之(1993年1月生)が所属するアイセルメールフォーゲルスはこのトップクラッセで中位をキープ。1993年1月生まれの阪口もリオ五輪世代に含まれるとはいえまずはリーグ戦出場が当面の目標となる。
 アヤックスのセカンドチーム、通称ヨング・アヤックスの試合は主にアレナから徒歩で5分程度、『デ・トゥーコムスト(未来の意味)』の練習施設内スタジアムで行われる。この写真は現在目印となる白いドームが建設される前なので2010年の訪問時の撮影か。



 UEFAユースリーグでバルセロナとアヤックス対戦時のショット(場所はカンプノウ・ミニ)。クライフとヨンクが並んで観戦するが、その奥には頬杖をつくプジョルの姿も。



 2012年ヨハン・クライフが絶大な信頼を寄せるヴィム・ヨンクによる育成メゾット改革から早三年、国内他クラブから批判の声も聞かれるが成果は目に見えるであろう今シーズン。ジュピラーリーグ、そしてUEFAユースリーグで復権を高らかに謳い上げるのか。紅葉も進み秋色深まる蘭国路。ヨングアヤックスの若きタレント集団を乗せ、バスは南の街ドルトレヒトへと向かう。続》

あなたもサッカーライターになりませんか?

サッカーキング・オピニオンではライター募集中!

サッカーキング・オピニオンに無料メンバー登録するとできること

あわせて読みたい

コメントコメント

山本 衆平

山本 衆平 

お久しぶりです! 今回も雰囲気ありますね。期待しています!

Yokozawa Yoshitaka

Yokozawa Yoshitaka 

衆平さん コメありがとうございます。アイコン可愛いですね!先月帰国しました。この全六話は期待に応えられると思います。なぜかと申しますと際選手がとても良かったので。

コメントはメンバーの方のみ行えますコメントはメンバーの方のみ行えます