SOCCERKING OPINION

メニュー

ドルトレヒトの新星が五輪代表の救世主となるポテンシャリティ 第二話/全六話)



均等ではないディヴィジョン格差



 Jリーグの4クラブがセカンドチームを来季からJ3に参入させる。有望な若手に実戦のステージを与えるためとはいえ、赤字を覚悟での参入とあれば、ファン・サポーターが物議を醸すのも当然。
 U-22選抜も参戦するなど何かと話題の多いJ3。欧州のセカンド(リザーブ)チーム考察の衝動にかられ第一回ではまずジュピラーリーグの現況を紹介した。



上写真はドイツ三部シュツットガルター・キッカーズのホーム、GAZİシュタディオン。テーブルを手前に倒すと小柄な日本人の自分でさえ窮屈なのにビール腹のドイツ人記者にはさぞや苦痛であろうプレス席を除けば施設の設備は《三部としては》申し分ない。

 9月23日マッチデープログラムに記された対戦相手のディナモ・ドレスデンが現在首位と好調。二部では今季RB・ライプツィヒの指揮官に就任した”革命家”ラングニックがザルツブルグで威力を発揮した4-2-2-2(または4-2-4)を再現。二部と三部の《台風の目》として旧東側ザクセン州クラブが猛威を振るう。



 チューリッヒから目的地パリへの移動ルート、シュツットガルトかフライブルグか、ドイツ南西部の経由地は二都市からの選択を迫られた。フライブルグと聞いて元U-19代表のストライカーの名前も頭に浮かんだ。今季のシュツットガルトは日本人選手不在とはいえ昨季途中までライプツィヒを指導したアレクサンダー・ツォルニガーが監督就任。4-2-2-2システムを試しているらしく、かつてザルツブルグで衝撃を受けた者としては誘惑に勝てず少しだけ遠回り。シュツットガルトは今季マインツ、ブレーメンと共にセカンドチームを三部に送り込んでおり羨ましい限り。三部と四部の格差は小さくない。

 四部レギオナルはアマチュアリーグ。プロのセカンドも参戦ならばセミプロリーグと表記すべきか。かつてバイエルン所属時には宇佐美貴史もプレーしていたが、歯応え不足は否めない。

 10月10日の第12節その宇佐美も在籍したホッフェンハイム。フライブルグをホームに迎えセカンドチーム同士の対戦が組まれた。シュバイツァー監督は、途中出場ながら2試合連続ゴールを決めた木下康介(1994年19月生)をスタメンに起用している。三試合連続のゴールは逃したものの88分で交代。木下は2-1の勝利に貢献した。

 横浜FCユース所属の若者にマンチェスター・シティからオファーが届いたのは2013年。フライブルグU-19を選択したのは賢明だったはず。2014-15シーズンはセカンドチームで21試合7得点もトップチームの2部降格は想定外。今季ブンデス2部は15節終了時点でライプツィヒと同勝ち点ながら首位を走るのがフライブルグ。昇格を最優先し現戦力が機能しているならば、余程の選手でない限りセカンドチームから若手を抜擢する余裕はないだろう。しかもそのセカンドチームはレギオナルリーガ南西部地区で16位と低迷中。木下康介も最後に得点を決めたヴァルトホーフマンハイム戦のゴールから二カ月が経とうとしている。現在の状況は向風、木下は正念場を迎えている。



10月18日メルツェデスベンツアリーナ。
10月18日メルツェデスベンツアリーナ。


 シュツットガルトがインゴルシュタットの猛攻に耐え今季ホームでの初勝利を手繰り寄せた。退場者を出し数的不利な状況で虎の子の一点リードを死守する展開に、フットボールの醍醐味を堪能した。上写真撮影でカルチャーショックを受けるのはゴール裏でアップしている選手達がピッチ内に・・・近い。近過ぎる。

 インゴルシュタット・セカンドチームには元U-19代表の渡辺凌磨(1996年10月生)が今季から在籍している。インゴルシュタットの東隣レーゲンスブルクは、ユネスコ世界遺産に登録されるバイエルン州の美観都市。インゴルシュタットの人口は12万に対しレーゲンスブルグも同数。その距離間は一時間とかからない55キロ。しかし地元のクラブチームは一部と四部の格差。11月15日、セカンドチーム相手とはいえダービーとあって《四部では》大観衆に値する4300人。彼らが見守る中、後半15分渡辺はドイツでの初ゴールを決めた。

 9月14日6節終了時点エールステ・ディビジの首位はFCフォレンダム。ヨングPSVは9位、ヨングアヤックスは16位 昨季財政難で減点されたトゥエンテの名前は順位表に見当たらない。日本でも馴染みの深いVVVフェンローは6位。降格には驚かされたNACブレダが10位。同じく昨シーズン一部組のドルトレヒトは8位という微妙な位置に。選手の集合写真と各選手のブロマイド。オランダ人が並ぶ中黒髪の東洋人はひと際目立つ。



日本では知る事のない日本人対決



9月18日第7節は注目の日本人対決、少々変則ではあるが。VVVでコーチを務めるのは藤田俊哉。彼が筑波大からジュビロ磐田入りしプロデビューを飾った同年に生まれた際との世代格差。「トシヤさんは経験豊富なのでお話を聞いていて勉強になります。」と際。



 今春訪問したスロバキア、MSKジリナのシュタディオン内プレス室には、2008年UEFA杯アヤックス戦の写真パネルが飾られていた。ブレイク前のシーム・デ・ヨングを眺めていると地元記者に声を掛けられたので2003年のFCユトレヒト戦について自慢げに語る。

Toshiya Fujita of FC Utrecht (L), Martin Durica (R) during the first round UEFA Cup match between FC Utrecht and MSK Zilina on September 24, 2003 at the Galgenwaard stadium in Utrecht, Netherlands.
Toshiya Fujita of FC Utrecht (L), Martin Durica (R) during the first round UEFA Cup match between FC Utrecht and MSK Zilina on September 24, 2003 at the Galgenwaard stadium in Utrecht, Netherlands.

Photo by VI Images via Getty Images

 ジリナに詳しいものと勘違いされたようだが、藤田にとってUEFAコンペティションでのデビュー戦となったのがこのMSKジリナとの予選。その試合のみ記憶の欠片が脳内片隅に辛うじて残っていたのが真相なので、少々慙愧に堪えない。



 ジュビロ磐田所属前92年のバルセロナ五輪最終予選、U23代表最年少の名波浩は出場したが、藤田俊哉の姿はなかった。1968年メキシコ五輪での栄光を最後に6大会連続となる予選敗退の要因は、A代表も兼任した横山総監督に丸投げした協会の怠慢と脆弱な組織運営。同年のハンス・オフト招聘という維新の引き金に。五輪代表も翌大会の96年アトランタにて悲願を達成。現在5大会の連続出場記録を更新中、古きを知る者にとってリオデジャネイロ大会の「6」の数字は節目となるだけに手倉森監督の手腕は弥が上にも注視してしまう。



 ドルトレヒトとフェンロの対決はスコアレスドローの痛み分けとなった。この日のマッチデープログラム掲載、恒例の選手インタビューは際に順番がまわり、Wat is je favoriete vakantie bestemming 休暇で行きたい場所を問われJAPANの答えに頬が緩む。

三星が並ぶ”俺たちはアヤックス”のプライド



 第9節、10月2日ヨングアヤックスを迎えての一戦は前半12分の失点を挽回できず悔しい敗戦。アヤックスを率いるのはあの強面スキンヘッド健在のヤープ・スタムである。レギュラーに定着した際はこの日もフル出場した。




 昨季一部リーグも経験した際本人に、エールディビジとのスタイルの違いとアヤックスの感想を尋ねると、
「一部も二部もスタイルは変わりません。アヤックスは若くてもタレントが揃っているので無理をしてでも自分達のやり方を押し通す感じですね」と明確な返答。中田徹氏との会話からも彼の聡明さの一端がうかがえ、そのクレバーなプレースタイルにも納得。


 そして再びファン・ウェルメスケルケン・際は注目の日本人対決を迎える。次節ホームで迎え撃つ相手はFCデン・ボス(続)

あなたもサッカーライターになりませんか?

サッカーキング・オピニオンではライター募集中!

サッカーキング・オピニオンに無料メンバー登録するとできること

あわせて読みたい

コメントコメント

コメントはまだありません。

コメントはメンバーの方のみ行えますコメントはメンバーの方のみ行えます