SOCCERKING OPINION

メニュー

なでしこジャパンとサンフレッチェ広島~日本サッカー界が誇る2チームの強さの秘密

近年の日本サッカー界が誇る2チーム
 なでしこジャパンとサンフレッチェ広島


日本人監督としては最多。3度目の最優秀監督賞を受賞したサンフレッチェ広島の森保一監督(左)とMVP受賞のMF青山敏弘(中央)。右側のプレゼンターの方はこの2人とその所属クラブから学ぶべきモノがあるのではないか? Photo by Getty Images
日本人監督としては最多。3度目の最優秀監督賞を受賞したサンフレッチェ広島の森保一監督(左)とMVP受賞のMF青山敏弘(中央)。右側のプレゼンターの方はこの2人とその所属クラブから学ぶべきモノがあるのではないか? Photo by Getty Images

「彼女たちは私たちにないモノを持っています。」
「優勝の立役者は試合に出ていない選手たちです。」

 上記2つのコメントは2015年の日本サッカー界で大きな成果を挙げたチームの選手たちのコメントだ。前者は女子W杯カナダ大会で準優勝した、なでしこジャパンの主将MF宮間あや(岡山湯郷Belle)。後者は明治安田生命J1リーグを制し、FIFAクラブW杯で3位の座を掴んだサンフレッチェ広島の下部組織からの生え抜きMF森崎和幸によるものだ。

『誰が出ても同じサッカー』は善か?
『個』か『組織』か?なでしこ、サンフレッチェの例


なでしこジャパンは2011年のドイツW杯優勝以降は五輪とW杯で優勝こそないものの、昨年のカナダW杯でも準優勝。主要国際大会でファイナルまで勝ち上がり続けている。 Photo by Getty Images
なでしこジャパンは2011年のドイツW杯優勝以降は五輪とW杯で優勝こそないものの、昨年のカナダW杯でも準優勝。主要国際大会でファイナルまで勝ち上がり続けている。 Photo by Getty Images

 ご存知の通り、なでしこジャパンは2011年のドイツW杯で悲願の初優勝。その後も2012年のロンドン五輪準優勝、2014年にもアジアカップ初優勝を果たし、昨年のカナダW杯でも準優勝している。サンフレッチェも直近4シーズンで3度のJ1リーグ優勝を成し遂げているチームだ。性別も違うし、代表チームとクラブチームの違いもあれど、この2チームはここ4,5年単位の日本サッカー史に残る偉業を成し遂げ続けているチームだ。

 そして、その強さの強さの源としての総合力やベンチメンバーに対する言葉が上記のモノだ。確かに”建前”の部分もあるかもしれないが、実は奥が深い。特にサッカー界では、怪我や出場停止で主力メンバーが欠ける時、チームの監督や選手たち、メディアまでもが「誰が出ても同じサッカーが出来るので心配はない」、あるいは、「誰が出ても同じサッカーが出来るチーム作りが目標」との言葉が多く聞かれる。特にそれは組織を重んじる日本のサッカー界では顕著だ。

 しかし、この近年の日本サッカー界が誇る2チームである、なでしこやサンフレッチェはどうか?なでしこの主将・宮間は「彼女たちは私たちにないモノを持っている」と言う。試合途中から出る選手には自分の個性や持ち味を最大限発揮して攻撃や守備、攻守のバランスをそれまでの試合展開から”流れを変える”という役目が与えられる。だから、「誰が出ても同じサッカー」では困るのだ。

 なでしこもサンフレッチェも先発メンバーは割と固定されている。チームとしてのプレースタイルやコンセプトがしっかりしている完成度の高いチームだ。だからベンチメンバーが先発に抜擢されるような事は少ない。どちらのチームもポゼッションを重視する傾向も似ている。ただ、同じポゼッション型でも西野朗監督時代のガンバ大阪や現在の川崎フロンターレのような個人の技量から網み込まれるようなパスサッカーではない。組織としてのポゼッションやパスワークが浸透しているため、高い位置でのポゼッションは少ないかもしれないが、低い位置からのビルドアップや両ワイドへの展開など幅広いパスワークが信条のチームだ。

 そんな組織サッカーが出来る、なでしことサンフレッチェのベンチメンバーには個人の能力を強烈に打ち出してくる選手が求められる。なでしこであれば、それは変幻自在のドリブルによる局面打開力があるFW岩渕真奈、サンフレッチェであれば電光石火のスピードを持つFW浅野拓磨がその象徴になるだろう。

 『誰が出ても同じサッカー』は理想でも目標でもない。『誰が出ても各選手の個性を引き出せるサッカー』が出来れば、同じクオリティと強さを維持でき、自然とチーム戦術上でも新しい選手がフィットして来たのが昨年のサンフレッチェだったのだ。

独特のチームコンセプトを持つサンフレッチェ
 2部練習組の若手に要求する『個の能力の開発』


横内ヘッドコーチ(右)が担当する若手選手の『個の能力開発』トレーニングがチーム力を底上げしている。 Photo by Getty Images
横内ヘッドコーチ(右)が担当する若手選手の『個の能力開発』トレーニングがチーム力を底上げしている。 Photo by Getty Images
 
 サンフレッチェはシーズン中も若手選手や出番の少ない選手に関しては週2回の2部練習が義務付けられている。森保一監督が、「若手はシーズン中もずっとキャンプ中」と苦笑して例える厳しいトレーニングスケジュールだ。その2部練習を率いるのはクラブOBであり、森保監督よりも1つ年上になる横内昭展ヘッドコーチ。その2部練習のメインテーマとなるのは「個の能力の開発」だ。それは単純に個人能力を上げる努力でもあるが、それを試合で最大限に強烈に引き出す術を習得するという意味でもあるのだ。浅野はそれを象徴する成長過程を経て日本代表に選出され、Jリーグのベストヤングプレーヤーまで受賞した選手だ。

 そんな浅野は昨年もこの”2部練組”だった。四日市中央工業高校時代に全国高校サッカー選手権の得点王になって大注目を浴びたが、”超高校級”の彼がサンフレッチェに加入してからの2年間はプロのレベルについていけなかった。ただ、偉大なる先輩にして、ライヴァルでもある元日本代表FW佐藤寿人からの教えも取り入れ、フィジカルを強化。筋力を強化するとスピード系のアタッカーはプレースタイルの維持に変化が問われてきそうだが、浅野は佐藤と同じようにレスリング選手のようなしなやかなフィジカルを身に付けた。フィジカルを磨いた事で自身の持ち味であるスピードも自由自在に使えるようになった。相手DFと競り合って入れ替わりながらトップスピードで突破できるのも、この2部練習による『個の能力の開発』があったからだろう。

 サンフレッチェにはミハイロ・ペトロヴィッチ前監督(現・浦和レッズ監督)と当時の選手たちが編み出した<3-4-2-1>の可変型フォーメーション(攻撃時は<4-1-5>、守備時は<5-4-1>)という独特なチーム戦術があり、2008年4月29日の『広島スタイルの誕生日』(※)から一貫して継承されている。それは新加入の選手たちにとっては非常に難解だ。しかし、それを理解する事を何よりも優先していれば、きっと小さく纏まってしまう選手が多くなっていたはずだ。昨年リーグ2位の21ゴールを記録したブラジル人FWドウグラス(UAEのアル・アインへ移籍)の爆発力もなかったかもしれない。
※『広島スタイルの誕生』
今やドイツでも大活躍中の日本代表FW武藤。彼や浅野は自身の持ち味を強烈に出す事を優先するが、彼等はハードワークできるチームプレーヤーでもある。今後の選手育成の模範となるべき2選手。 Photo by Getty Images
今やドイツでも大活躍中の日本代表FW武藤。彼や浅野は自身の持ち味を強烈に出す事を優先するが、彼等はハードワークできるチームプレーヤーでもある。今後の選手育成の模範となるべき2選手。 Photo by Getty Images

 現在、男子の日本代表はヴァヒッド・ハリルホジッチ監督のコンセプトや戦術的な指示、約束事の理解を優先して小さく纏まってしまう選手が多過ぎるように感じる。そして、それはJリーグの各クラブでも散見される。ガンバ大阪と日本代表での宇佐美貴史などはそれを悪い意味で象徴してしまっている。

 自身の持ち味を強烈に引き出す事は、何もチーム戦術や献身性に背く行為ではない。事実、浅野やマインツの日本代表FW武藤嘉紀は守備の局面でもハードワークできる選手だ。何より彼等は発言力がしっかりとしていて、コミュニケーション力に長けている。周囲の選手やサポーターからも愛されるキャラクターがある。だが、浅野も武藤もピッチ上で自分にボールが渡れば、まず自分の持ち味を最大限に発揮する事を優先する。味方選手の方がフリーでも自らシュートやドリブルに持ち込む強引さがあるエゴイストに変身する。だからと言って、岩渕も浅野も武藤もチームプレーの出来ない自己中心的な選手とは誰も思ってはいないし、そうも見えない。

 2012年になでしこの主将の座を澤穂希から譲り受けたMF宮間はそれを深く理解しているからこそ、ロンドン五輪前に行動をとった。練習中に使用している給水ボトル1つ1つにベンチメンバーの特徴を交えた上で激励のメッセージを書いたのだ。

『カリちゃん(丸山桂里奈)がドリブルシュート得意なの知ってるよ。だからそういう場面が来たら絶対にパス出すからね』

 だから、なでしこのベンチメンバー達は誓った。「私たちは世界最高のバックアッパーになろう」と。そして、今も世界制覇がかかるファイナルの舞台まで駆け登り続けている。

 サンフレッチェの主将であり、昨年のJリーグ最優秀選手に輝いたMF青山敏弘が、「練習で若手からいつも挑戦状をたたきつけられている」と言う激しいトレーニングからは、主力選手たちに『俺らと練習してるんだから絶対に勝てる』というエネルギーと自信をもらえるとも表現している。だからこそ、「優勝の立役者は試合に出ていない選手たち」なのだ。

 なでしこジャパンとサンフレッチェ広島。性別や代表、クラブの違いはあれど、チーム作りの核や、選手たちの意識、サッカーの中での個人と組織に対する考え方が非常に似ているチームが偉大なる成果を出し続けている。どちらも裕福なチームではないが、ないものねだりや出し惜しみをする事もない。インタビューでボソボソとしゃべるサッカー選手が多い中、この2チームの選手にはハッキリと言葉で伝えられる選手が多いのも似ている。森保監督を始め、川崎フロンターレの風間八宏監督や、Vファーレン長崎の高木琢也監督らを始め、2014年にアジアチャンピオンズリーグを制覇したウエスタン・シドニーのトビー・ポポヴィッチ監督も含めて、指導者として成功しているサンフレッチェのOBが多いのも頷ける。

 そして、改めて思った。僕はこの2チームとそのサッカーが好きだな、と。日本人としての利点を活かせるチームでもある、なでしこジャパンとサンフレッチェ広島の強さの秘密が少し分かったような気がする。

あなたもサッカーライターになりませんか?

サッカーキング・オピニオンではライター募集中!

サッカーキング・オピニオンに無料メンバー登録するとできること

あわせて読みたい

コメントコメント

山本 衆平

山本 衆平 

使い古された言葉ですが、「フォアザチーム」の精神を持つことがどれだけ大切なのか分かる内容でした。
フォアザチームの人が報われるチームはやはり活気が出ますよね。

hirobrown

hirobrown 

山本衆平さん、コメント有難うございます。フォア・ザ・チームはよく僕もサッカー部時代に言われた言葉ですね。でも、コレが中高生くらいだと中2病をこじらせ気味で受け入れづらい。プロとしてはどうなのか?は僕にはプロ経験がないから何とも言えませんが・・。

山本 衆平

山本 衆平 

選手も周りとのかかわり合いの中で成長していくと思うので、それを聞き入れられるというか、人の言うことをきちんと消化できる人は伸びますよね。

kbsan

kbsan 

sanfrecceが強いという表現を報道でもよく聞く。私は賢いけれども強くは無いと思う。強力なエースが金銭的に調達できない広島は、お金のかからない大きくない(塩谷もいるが)日本人にできる最大限のことを追及して、青山、森崎に代表されるようなクレバーなサッカーで浦和などのタレント軍団に勝ったのは素晴らしい。
しかしsanfrecceの完成度の高さに日本が喜んでいると、ワールドカップで欧米・南米には通用しない限界があると思う。その意味では浦和等の日本人としては強さ・大きさもあるチームがその利点を生かさず 勝たないのは 彼らが最大限の能力発揮をしていない、現状安住している事を示し物足りない。
サッカーは身体のぶつかりあうフットボールで、強さ無しでは世界では戦いにくい。チリ・メキシコの選手は背は高くないが非常にタフで、sanfrecceと違う。香川・岡崎も以前はか細かったが、欧州で揉まれて今では見違えるほど逞しくなった。
つまり 日本はsanfrecceの勝利に喜び安住しないで、本来の強さもあるサッカーを目指してほしい。昔の釜本・杉山が強いサッカーに近い。日本では小さいが上手い遠藤・青山の様なMFが好きである。大きくて頑強で頼もしいBKやエゴイストFWを育てられないのが現状で、幼少時からの指導者の方針を変えなければ、世界でWCベスト8以上で活躍するのは難しい。

yugo

yugo 

広島となでしこはチームとしてまとまりを感じます。そういった団結力も共通点だと思いました。

ガブリエル

ガブリエル 

いわゆる、自分たちのサッカーとか、日本らしいサッカーといったやつですね。

hirobrown

hirobrown 

山本衆平さん、お返事有難うございます。この世代はおとなしいとは思いますが、より具体的な指示やコンセプトを作る事で、言われた通りにできる。応用力が低い気もしますが、それはそれで日本人の美徳でもあります。

hirobrown

hirobrown 

kbsanさん、ご指摘ありがとうございます。仰る意味はよく分かっています。僕自身もサンフレッチェを応援しながらも、本来はこのチームがJリーグで優勝しているようではいけないと思います。

2012年に資本金を10分の1ほどに減資したクラブですし、外国人選手もミキッチ以外は学生上がりの韓国人とレンタル契約のブラジル人のみです。今回のオフも補強らしい補強などありません。ドウグラスの穴もウタカで埋めたとはいえ、彼等はレンタルですし。補強ターゲットはJ2からも多いですしね。

ただ、サンフレッチェのクラブの賢さというのは、J2のクラブからの補強や若手の抜擢から考えると、それは日本人選手のレベルの高さでもあると言えます。レベルが高いというよりも底上げが出来ているという意味で。だから、日本代表クラスと若手でも実はそれほど実力差がない。そう思い込んでいるだけ。日本代表選手を補強してもチーム成績はそれほど変わらないだ。

その差は経験のみで、それは監督やクラブの勇気や理解で挽回可能なもの。サンフレッチェにはそれができるスタッフがいるという事だと思います。

あと、サンフレッチェの選手は意外と局面で戦える選手が多いです。中盤のインテンシティも高い。ショートカウンターも兼備できるようになってますので。

これらを考慮したうえでサンフレッチェを批判するのは勝手ですが、それはどちかと言えば、「他クラブが情けない」のは実情だと思います。サンフレッチェはやれる事は全てしてるわけですから。

hirobrown

hirobrown 

ガブリエルさん、コメント有難うございます。確かに自分達のサッカーでもありますが、それを貫いているというよりも、その本質を理解している2チームだと思います。

例えば、この2チームはスタイルやコンセプトを継続して浸透させた結果、新たな要素を取り組む事にも成功しています。ショートカウンターなどはその象徴で、自分達が誰よりも低い位置からのビルドアップが上手いからこそ、相手がそれをして来た時にパスコースを読む事ができる。だからボール奪取も上手くなってきた、と。

それはやはり、スタイルや約束事を貫くというよりも、その本質を理解しているからこそ客観的に判断できるためだと思いますね。知的な選手が多いと思います。

hirobrown

hirobrown 

yugoさん、コメント有難うございます。確かに単なるサッカーチームではない団結力を感じますね。そして、プロフェッショナルを感じます。責任感が強いと言いますか、大人だなと感じる事が多いですね。

kumakuma

kumakuma 

私はサンフレのサポですが、最近のサンフレの雰囲気と選手とやり方が好きです。
U-23が優勝しましたが、久しぶりに胸がスッとしました。全選手出場のまさにこのコラムにあるようなチームでした。 私が見たいのはサンフレのようなナデシコのような今回のU-23のようなしらけた選手のいないチームです。
思うにサッカーは日本人としてのサッカー観が固まる前にマスコミや観客が海外の影響を受けすぎているように感じます。しかし普通に試合をして面白くもなんともなく応援したくもないようなチームがいい成績を収めれるはずもありません。ミーハーなだけの海外かぶれも大風呂敷監督やエゴを丸出しにする監督もサッカーが上手いだけの卑怯で姑息な奴も 日本人としては嫌いですし応援できません。

外人も論理的な人と日本のおやじ真っ青の非論理的な人がいて、案外非論理的な人が多いと思います。ラテン系と仕事をすればすぐにわかります。(その場合は我々の論理に無理やり従わせます)

サンフレとかなでしことか今回のU-23とか、なんだかサッカーの本質のところで海外を理解し掴んできたチームが増えてきたように感じています。集団のマネジメントはロジックです。日本人の場合それがあるからみんな参加できるのです。いろんな個性も成長できるのです。
今後サンフレが中位になるくらいJが盛り上がってほしいものです。

hirobrown

hirobrown 

kumakumaさん、熱いコメントを有難うございます。サンフレッチェは創設当初に欧州人監督が続いていた事もあって、それを現在になって日本人指導者によってクラブが消化して来たのだと思います。

サンフレッチェを応援していながら、彼等が中位になるぐらいが丁度いいのかもしれませんね。それは僕も似たような想いがします。

補強がJ2の選手ばかりだ、と批判を受ける事がありますが、それで実際に優勝して来たわけです。それは批判ではなく、評価あるいは、日本人選手の可能性を称えて欲しいと思いますね。

コメントはメンバーの方のみ行えますコメントはメンバーの方のみ行えます