SOCCERKING OPINION

メニュー

リオ五輪最終予選 〜谷間の世代が見せた成長〜

チームの力を示したU-23日本代表 Photo by Getty Images
チームの力を示したU-23日本代表 Photo by Getty Images

 国際大会の成績に乏しかった今回のU23日本代表は、自分たちの力でリオデジャネイロオリンピック出場を決めて見せた。私は今、興奮した手で、キーボードを叩いている。それでは、私が感じた彼らの成長を三つ、皆さんにお伝えする事にしよう。

レベルが上がった最終ライン


イラク戦でも貢献した室谷成 Photo by Getty Images
イラク戦でも貢献した室谷成 Photo by Getty Images

 日本の司令塔・遠藤保仁が最も危惧していた守りの要、センターバック。この課題においても、解決の兆しが見えて来た。現代の世界基準からいうと、決して十分な高さとは言えない日本のセンターバックたちは、流れの中での攻撃参加を捨て、リスクの少ないポジショニングを一貫していた。
 植田直通は、日本に不足していると再三言われてきた戦う意識を、別のスポーツによって身につけた貴重な成功例だと思う。サッカーは格闘技だというが、彼はテコンドーという文字通りの格闘技によって、体の強さや闘争心を身に付けた。これを遺憾なく発揮し、アジアサッカーに多い、キーパーや最終ラインからの長いフィードを何度も弾き返した。そしてまた、おそらく格闘技によって身につけた力強いキックで何度もフィードを上げ、ボールを何度も安全圏に蹴り出した。こうして相手の攻撃は、おおいに遅れた。
 右サイドバックの室谷成も見逃せない。私は、イラン戦でのマン・オブ・ザ・マッチには、迷う事無く彼を選ぶ。「相手が強く成る程に発揮される」と彼自身が話すその精神力・・・。ライン際で2、3人に詰め寄られても、ボールを奪われないあのキープ力と敏捷性・・・。それら全てを生かす、インテリジェンス。極めつけは、豊川の頭にヒットした、あのクロスのシーンと、それまでのプロセス。利き足が右だと知って、驚いた。右サイドでの攻防は、ほとんど安心して観ていられた。

シュートへの自信


サウジアラビア戦は、タイ戦からメンバーを10人入れ替えて臨んだ。キャプテンは、先制点を挙げた大島・・・。 Photo by Getty Images
サウジアラビア戦は、タイ戦からメンバーを10人入れ替えて臨んだ。キャプテンは、先制点を挙げた大島・・・。 Photo by Getty Images

 今回は、勝負所で決まった二つのゴールに注目したい。
 まず、サウジアラビア戦の大島のゴールである。「イメージ以上だ」との本人のコメントがあったと聴く。「練習通りだった。」とも言っていた。ここ最近の日本代表は、ボールに勢いのある中盤からのシュートはあまり打てていない気がしていた。0対0の状況で、大島はフリー同然の状況になった。さもいつも通りにパスでつなぐように見せかけ、相手の頭に、『強いミドルもある。』と書き込んだ。そのように、相手の意識をかく乱する意味でも、大仕事をやってのけたと言えるだろう。
 「あまり考えなかった」という趣旨の、本人のコメントから分かる通り、ハイプレッシャーの中で有効なメンタリティとは、『感覚に任せる』である。準決勝の原川の打ったシュートは、そういうシュートだった。先制し追いつかれる展開、その後半ロスタイム、自分とゴールの間に立ちはだかるディフェンスは6、7人・・・。海外で言えば、セリエAなどでよく見られる得点パターンかもしれない。こぼれたボールを重圧ごと吹き飛ばした感じのゴールになった。
 少し論点がずれるが、サウジアラビア戦での2ゴールをアシストしたのは、南野だった。 彼の爆発も期待したい。
 いずれにしても、代表戦の勝負所で自信を持って打ち、そして結果を出した。貴重な成功体験になったに違いない。

最後に挙げるのは、私の思う、今回の大会で成功を生んだ最大の要因である。

コミュニケーション


北朝鮮戦でウノゼロで勝利した日本代表 Photo by Getty Images
北朝鮮戦でウノゼロで勝利した日本代表 Photo by Getty Images

 今回の大会、長いボールや強いフィジカルに加えて、細かいパスのスキルを習得しているチームが多かった。その都度、ピッチに出ている選手だけで考え、対応する能力が必要だった筈である。
 そんな中、得点後、ピンチが訪れた後、セットプレーの直前、ロッカールームに引き上げる前・・・。試合が切れるありとあらゆるタイミングで、盛んにコミュニケーションを取る日本代表の姿が、再三テレビのスクリーンに映されていた。
 例えば、最終ラインでのラインコントロールは見事で、まるでイカの遊泳のように、スーっとラインを上げる場面が何度かあった。ロングボールを放り込んでくるチームにとって一番嫌な守りが出来ていたと思う。
 中盤での、微妙なポジションの変化も良かった。タイのボール回しを要所で寸断した。これが成熟してくれば、攻撃時にはパスの出し手に多彩な選択肢を与え、パス回しに子気味よさが加わるだろう。
 サッカーだけではないが、戦術的な成長を促すのは、選手達自身によって情報を収集し、すばやく処理していく事だと思う。しかも黙々と自分の頭だけで切り開いていくより、時間があるなら喋ってしまうのが手っ取り早い。司令塔と名のつくポジションがあるスポーツでは、それそのものの技術を身につけるのと同じくらい重要だろう。これも、ここしばらくのアンダー世代には無かった取り組みだったと思う。

 勝つために『面白いサッカー』を捨てた勇気と謙虚さは賞賛に値する。そして、その先に必ず自分達の思い描くサッカーがある筈だ。

あなたもサッカーライターになりませんか?

サッカーキング・オピニオンではライター募集中!

サッカーキング・オピニオンに無料メンバー登録するとできること

コメントコメント

yugo

yugo 

今大会のメンバーがJリーグでどれだけ活躍できるか期待したいですね。

ガブリエル

ガブリエル 

室谷の移籍が気になりますね。やっぱりFC東京なのでしょうか?

bothfooted

bothfooted 

yugoさんへ 成長を期待しましょう。

bothfooted

bothfooted 

ガブリエルさんへ そうなんです。月並みですが、能力のある選手は海外に行って欲しく思います。浅野に関しても、あれだけの違いを生み出せる選手です。見られていない訳がありませんからね。

コメントはメンバーの方のみ行えますコメントはメンバーの方のみ行えます