SOCCERKING OPINION

メニュー

祝優勝!U23日本代表が五輪で躍進するには

つい先日U23日本代表は五輪アジア予選の決勝で宿敵韓国を3-2で下し、見事アジアチャンピオンとしての五輪出場を決めた。劇的な試合展開の連続や毎試合ごとに別々のヒーローが誕生しチームを救ったりと、彼らのサッカーは日本中を熱くさせた。だが、彼らの本当の戦いはこれからであり、五輪では各大陸の強豪国を下してきた猛者たちが立ちはだかる。ではその猛者たちに打ち勝つためにU23日本代表には何が求められるのか。戦術的な視点から考えてみる。

攻撃におけるコンパクトさ


まずはコンパクトという点だ。U23日本代表のゲームでは、サイドのポジションの選手の動きの流動性が少し足りないように見受けられた。確かにピッチをワイドに使い(サイドの選手がタッチライン付近まで開き、コートを広く使い)、相手の手薄なサイドを攻めるのは戦術として有効である。しかし、パス回しによる組み立てからの攻撃を志向する彼らのサッカーにはそれが少しマッチしていないように感じた。現にパスサッカーへの意識の強さからなのか、サイドに大きく開いてボールを受けた選手が、仕掛けるのではなく次のパスの貰い手を探しているという点が何度か見られた。それならば斜めに動き出したり、動きの緩急で相手をいなすなどほかの選択肢を選んだ方がよりゴールに近づけるのではないだろうか。もちろんそれが全くできていないというわけではない。だがこの点がさらによくなることが躍進には必要になると思う。
今大会は不発に終わった”エース”南野
今大会は不発に終わった”エース”南野

カバーリングの徹底


これは特にDFラインに不足していた点だ。今大会はGK櫛引のビッグセーブに日本はたびたび救われた。だがビッグセーブが起こるということは、それだけDFが相手に自由を与えているということである。DF1枚がかわされた時どの選手がカバーに行くのか、またそのカバーに行った選手のカバーはどの選手がするのか、そのような判断が曖昧であるように感じた。アジアでは何とかごまかしがきいたものも、世界は見逃してはくれない。なのでこの徹底もまた、躍進に不可欠になると思う。
DFの連携もゲームのカギを握る Photo by Getty Images
DFの連携もゲームのカギを握る Photo by Getty Images

”世界を驚かせる世代”へ


ここまで彼らの五輪での躍進のための課題を挙げてきたわけだが、筆者ももちろん1国民としてU23日本代表の五輪での活躍に期待している。課題もあるものの、チームワークの良さ、どの選手が出場しても同じようなゲームができる点など、すでに世界の名だたる強豪にも引けを取らない強さも持ち合わせている。そのため、それらも十分に生かして、ぜひ五輪でメダルを獲得してほしい。
かつては国際大会にことごとく出場できず”世界を知らない世代”と呼ばれたU23日本代表。だがそれはもう過去の姿だ。
”世界を知らない世代”から”世界を驚かせる世代”へ、チャンスの扉は開かれた。
メダルの獲得は決して不可能ではない
メダルの獲得は決して不可能ではない


ご熟読ありがとうございました。特に気になった2点について取り上げました。みなさんが思う飛躍のために必要なこと、秘策はありますか?

Twitterのフォローもお願いします!
【@grashan_grila7】

あなたもサッカーライターになりませんか?

サッカーキング・オピニオンではライター募集中!

サッカーキング・オピニオンに無料メンバー登録するとできること

コメントコメント

yugo

yugo 

手倉森監督がオーバーエイジ枠でチームの弱点をどう補うか注目ですね。

スーパーベイビー

スーパーベイビー 

コメントありがとうございます!
OAはぜひ有効に目いっぱい利用してほしいですね。

ガブリエル

ガブリエル 

本番はリオです。18人の出場枠を巡る定位置争いも注目ですね。

スーパーベイビー

スーパーベイビー 

コメントありがとうございます!そうですね、私は南野にも定位置はないと思っています。

コメントはメンバーの方のみ行えますコメントはメンバーの方のみ行えます