SOCCERKING OPINION

メニュー

【トップアスリートのメンタリティ解説Vol.6】~本田圭佑~ 悩みへの考え方

Photo by Getty Images
Photo by Getty Images
本田圭佑選手のメンタリティを語るには一体どれだけのコラムを書き綴ればよいのだろう。
そのくらい本田選手はメンタル面への意識が高く、自分と向き合うということに長けてきた選手だと感じます。だからこそ、本田選手の姿からは学べることが数多くある。
そう考えた私が、最近の本田選手の発言をもとに「悩みのループから抜け出す思考」について解説してみようと思います。

とあるニュースを見ていた時、本田選手が以下のような事を述べていました。

「俺、悩んでる」という悩みのほとんどは本質からずれたところで悩んでいる。
自分が抱えている問題の本質は何なのか?
自分は何を目指すべきなのか?
どういう事を真剣に取り組むべきなのか?
意外に悩みというのは「俺が気にしているだけ」「誰もそんな事気にしていない」

負のループに陥る思考


この発言の意味を例を交えて解説します。

あるサッカー選手が、“試合に出てゴールを決め、FWとしての役割を果たす”という目標を立てたとします。
この選手の抱えている問題とは、「目標を達成するためには何をすれば良いか?」「どのような取り組みを行えば良いか?」であり、それらが問題の本質にあたります。

しかし、練習で上手くシュートを打てなかったり、試合でミスをしたり様々な原因から悩みが湧いてきたとします。
「決められなかったらどうしよう。」→「使えないと判断され外されたらどうしよう」→「周りから期待外れだと思われるかもしれない」
ここまでくると、“周りから何と言われるか”で頭と心がいっぱいになります。
あくまで上記は一例ですが、おそらく誰にでもこのような悩みに対する“負のループ”に陥ったことがあるのではないでしょうか。
Photo by Getty Images
Photo by Getty Images

抱えている悩みは何?


さて、ここで本田選手の発言をもう一度思い出してみてください。
「悩みのほとんどは本質とずれたところで悩んでいる」
上記の例えで言えば、“試合に出てゴールを決め、FWとしての役割を果たすこと”が目標でした。
その目標を達成するために「何をすれば良いのか?」を考えることが本来抱えるべき問題の本質です。
しかし、負のループに陥った状態ですと「周りから何と言われるだろう」が悩みとなり、この時点で抱えている本質自体がズレていることにお気づきでしょうか。

また、「周りの目を気にしだす」という行為は、ほとんどが自分の想像上のものであり、悩み自体を大きく複雑化しやすいのです。(この悩みは数行では示せる話ではないので、今回は割愛しますが……)
誰よりも批評されやすく、プレッシャーを与えられやすいタイプの本田選手自身が「俺が気にしているだけ」「誰もそんなの気にしていない」とも発言していることも念頭に置いておくと良いかもしれませんね。
Photo by Getty Images
Photo by Getty Images

負のループから向け出す問いかけ


負のループに陥ることは誰にでもあります。
多くのことを考えることはある意味大切なことです。
しかし、同じ考える時間をとるならば、目標を達成するための方法であったり、自分が理想とする姿に近づくための時間として使えるかどうかで、目標達成率も変わってくるのです。悩みで頭がいっぱいになったら一度立ち止まって自分に問いてみてください。

「そもそも何に対して悩んでいるの?」
「自分はどうなりたいんだっけ?」

シンプルな思考を取り戻し、熱い想いで立てた目標をしっかりと思い出してください。
そして本田選手が問いかけているように「自分は何を目指すべきなのか?」「どういう事を真剣に取り組むべきなのか?」ということについても考えてみてください。
問いかけ一つで思考は切り替わります。思考が切り替われば感情にも変化が現れます。
Photo by Getty Images
Photo by Getty Images

今回は本田選手の発言を元に、悩みのループから抜け出す考え方をメンタルコーチ視点で解説しましたが、この様にトップアスリートの言葉からは“メンタル磨きのヒント”を得られることが多くありますので、注目してみると何か気づきがあるかもしれません。
そしてまだまだ本田圭佑選手には、日本が誇るべきエースでいて欲しいと思います!

あなたもサッカーライターになりませんか?

サッカーキング・オピニオンではライター募集中!

サッカーキング・オピニオンに無料メンバー登録するとできること

あわせて読みたい

コメントコメント

コメントはまだありません。

コメントはメンバーの方のみ行えますコメントはメンバーの方のみ行えます