SOCCERKING OPINION

メニュー

J復帰後初得点はお預けも、キャプテンとして新たな第一歩を踏み出した柿谷曜一朗

8番、キャプテンとして期待がかかる中で復帰した柿谷 Photo by Getty Images
8番、キャプテンとして期待がかかる中で復帰した柿谷 Photo by Getty Images

無得点も


柿谷曜一朗がようやくJリーグの舞台に戻ってきた……。
 春本番を思わせるポカポカ陽気となった2016年2月28日の町田市営陸上競技場。史上最多となる1万1000人超の大観衆を集めて行われた2016年J2開幕・町田ゼルビア対セレッソ大阪戦の最大の注目は、やはり1年半ぶりに国内復帰を果たしたエースナンバー8の一挙手一投足だった。

 昨季、1年でのJ1復帰を逃したセレッソにとって、今季は絶対に成功を収めなければならないシーズン。山口蛍(ハノーファー)からキャプテンマークを引き継いだ柿谷は4-4-2の右サイドで先発し、ピッチ上でチーム全体を力強く鼓舞した。

 対面の谷澤達也、土岐田洸平という町田の左サイドが非常にパワフルだったため、彼自身は守勢に回る時間帯が多かったが、かつてないほどの献身的守りを披露。ペナルティエリア内までカバーリングに入ってピンチを封じる場面も見せるほどだった。前半のシュート数は9対1と町田が圧倒。柿谷自身、1本もフィニッシュまで行けなかったが、高度な集中力を駆使して耐え抜くことで、何とか無失点で試合を折り返すことに成功した。

 迎えた後半。大熊清監督は柿谷と杉本健勇のポジションを入れ替え、8番をトップ下の位置に入れた。この布陣変更によって彼は水を得た魚のようにイキイキと動き始める。「リカ(ルド=メネゲウ)と距離が近くなってチャンスが増えた」と本人も言うように、ゴールの予感が色濃く漂い始める。柿谷のドリブル突破からブルーノ・メネゲウを経由して杉本が決定的シュートを放った12分の決定機など、ようやくセレッソらしい創造性ある攻めの形が見られるようになった。

 勝利を引き寄せたのは後半26分、右CKから打点の高いヘッドを決めた新戦力・山村和也のゴールだった。が、そこに至る流れを作ったキーマンが柿谷だったのは、紛れもない事実だろう。「曜一朗は相手ディフェンスラインとの駆け引きがさすがにうまい」と指揮官を唸らせる頭脳的な動きで、セレッソの1-0での今季初勝利を演出したのだ。

「開幕戦のプレッシャーや楽しみな部分、個人やチームにもいろんな思いがある中で、俺だけじゃなく町田も重い立ち上がりになった。その中で前半は相手が思い切ったプレーをしてきて、僕らは耐える不利な時間が続いた。そこでモニさん(茂庭照幸)、ヤマちゃん(山下達也)筆頭に全員で耐え抜いて1つの目的に向かって戦えたのは大きい。

 やっぱり一番大事なのは勝ち切ること。僕らはどれだけいいサッカーをしても、同点や負けでは許されないチーム。何があっても勝ってJ1に戻って強いチームを作っていかないといけない。つねに勝ちだけを意識してこの1年間やらないといけない」と柿谷は泥臭く勝利を積み重ねていくことの重要性を改めて強調していた。

 この日はシュート2本を放っただけで黒子に徹する形になったが、やはりエースナンバー8には「ゴールに直結する仕事」が強く求められる。彼が本領発揮してこそ、セレッソは快進撃を見せられる。大熊監督も「曜一朗はキャプテンとしてチームのためにという意識を持ち、エゴを出さずに戦ってくれている。それはそれでいいことだけど、もっと点を狙いに行っていい」と背中を押していた。

サポーターは2014年のような活躍を求めている Photo by Getty Images
サポーターは2014年のような活躍を求めている Photo by Getty Images

「みなさんが僕のゴールを期待してるのは分かってますし、自分も早くそれに期待に応えたい。その結果として、チームが勝ち続けていけるようになればベストやと思います」と本人も話したが、やはり得点という明確な結果を残して初めて「完全復活」への足掛かりを築くことができる。そのことは柿谷自身が誰よりもよく分かっているはずだ。

 スイス・バーゼルで1年半、味わった不完全燃焼感を晴らすためにも、いち早いJリーグ復帰弾が待たれるところ。それが果たして6日の次節・水戸ホーリーホック戦で飛び出すのか……。天才・柿谷曜一朗の新たなキャリアはここからが本番だ。

サッカーキング・アカデミーにて、元川悦子さんによる特別講義を開催!編集者やライターに興味のある方必見!

あなたもサッカーライターになりませんか?

サッカーキング・オピニオンではライター募集中!

サッカーキング・オピニオンに無料メンバー登録するとできること

あわせて読みたい

コメントコメント

コメントはまだありません。

コメントはメンバーの方のみ行えますコメントはメンバーの方のみ行えます