SOCCERKING OPINION

メニュー

”澤ロス”よりも痛い”宇津木の不在”~崖っぷちのなでしこJAPANの現状と展望

”澤ロス”より痛い”宇津木の不在”
 崖っぷちのなでしこJAPANの現状


”澤ロス”を叫ばれる報道が多いが、その澤からポジションを奪った宇津木の不在を大きく感じさせる。彼女の存在あってこその昨年W杯準優勝だったはず。 Photo by Getty Images
”澤ロス”を叫ばれる報道が多いが、その澤からポジションを奪った宇津木の不在を大きく感じさせる。彼女の存在あってこその昨年W杯準優勝だったはず。 Photo by Getty Images


 閏年の2月29日に始まったブラジル・リオディジャネイロ五輪出場枠を決める女子サッカーのアジア最終予選。前回同様に今回もセントラル方式による大会開催となり、今回は日本の大阪で開催となった。最終予選の出場国は6カ国で、全参加国と総当たり1回戦のリーグ戦を5試合を戦い、上位2カ国がリオへの出場権を得る方式だ。

 我らが日本のなでしこJAPANは、2011年のドイツW杯で優勝、2012年にはロンドン五輪と2015年のカナダW杯でも準優勝している。世代交代が進まずに停滞しているとはいえ、未だにFIFAランキング4位はアジア最高位。ただし、10日間で5試合をこなす超過密日程も厳しいものの、女子サッカー界においてはアジアが最も強豪揃いの大陸と言えるほど。今回の最終予選参加国でも、過去にW杯の決勝トーナメント進出国が実に4カ国(日本、オーストラリア、中国、北朝鮮)あるし、現在のFIFAランクのトップ10国も3カ国が入っている(4位・日本、6位・北朝鮮、9位・オーストラリア)。非常に熾烈な争いなのは当初から感じられた。

 その過酷な最終予選を前に、日本だけでなく”世界の女子サッカー界のレジェンド”MF澤穂希が昨年限りで現役を引退、続いて守護神としてゴールを守り続けて来たGK海堀あゆみも現役を引退して迎えたのが、現在のなでしこジャパンだ。そんな中、最終予選の登録メンバー20人に選ばれたのは、「やはり」と言えば良いのか?現在の佐々木則夫監督が指揮を執り始めた2008年の北京五輪辺りから継続して招集されているメンバーだった。2011年のドイツW杯優勝メンバーが14人と大部分を占めている構成だ。ただし、現在のなでしこジャパンには精神的支柱だった澤穂希はもういない。テレビ中継のゲストとして会場にはいるが、現場への直接的な口出しはいくらレジェンドとはいえ許されるはずもない。

 レジェンドが引退して迎えた初の公式戦となった今回の最終予選。初戦は昨年のカナダW杯準々決勝で対戦したオーストラリア。その時にはなでしこがピッチ全体を使った緩急自在のパスワークで相手を消耗させ、終了間際に途中出場のFW岩渕真奈の劇的な決勝ゴールで1-0で勝利したスコア以上に圧倒した完勝だった。しかし、今回は相手に低い位置からのビルドアップを研究されて対策を打たれ、全く何もできないままに主審にボールが当たって追加点を食らうアクシデントもあって前半だけで2失点を喫した。直後に”新10番”を背負ったFW大儀見優季が奪ったゴールは両サイドを使いながら揺さぶった素晴らしいゴールだったが、その後は決定機を量産しても決めきれず。逆に追加点を奪われて1-3と敗戦スタートとなった。

 続く第2戦の韓国戦は初戦はボランチだった主将MF宮間あやをトップ下で起用し、1トップに入った大儀見と2人に早い段階で縦パスを入れ、ボランチはビルドアップよりも、落としをもらって前を向いてプレーする事が出来ていた。さらに左ウイングに入って若手FW横山久美も<4-4-2>でプレーするよりも思い切って積極的な仕掛けが出来ていた。決定機も量産し、途中出場の岩渕が84分という終了間際に待望の先制点も決めた。しかし、PKセーブもして奮闘していたベテランGK福元美穂がハイボール処理で味方DFと交錯して落球。87分に同点弾を浴びたなでしこJAPANは同点に追いつかれてドロー。主要国際大会で3大会連続のファイナリストのなでしこJAPANが2試合を終えて、まさかの勝点1という”崖っぷち”に追い込まれた。
 
 当然ながら、”澤ロス”を叫ぶ多くのメディアだが、実際のピッチ上で”ロス”を感じるのは、怪我上がりでコンディション不良からメンバー外になったMF宇津木瑠美の不在だ。

定まらないボールの奪取の位置設定
 1対1の攻防、パススピードの弱さetc...


カナダW杯準々決勝の豪州戦でMOMに選出された宇津木。なでしこは組織を重視しているとはいえ、1対1の強さや、パススピードの速さで群を抜く彼女の存在は異彩を放っていた。 Photo by Getty Images
カナダW杯準々決勝の豪州戦でMOMに選出された宇津木。なでしこは組織を重視しているとはいえ、1対1の強さや、パススピードの速さで群を抜く彼女の存在は異彩を放っていた。 Photo by Getty Images


 ここまでの2試合のなでしこの最大の敗因は、ボールの奪い所が定まっていない事。特に初戦のオーストラリア戦ではボランチにゲームメイクを期待されて攻撃的MFの宮間が入った事で、今までは「真ん中で奪う」ように追い込んでいた守備の約束事も効かなくなっていた。サッカーのセオリー(基礎)では相手をサイドに追い込むのが基本だが、日本はサイドに追い込んだとこで、アバウトなクロスを放り込まれる方が分が悪いため、中盤で中央に追い込む事を優先する稀有な守り方をとっている。そして、1対1の競り合いやフィジカルの強い、澤や宇津木がこのポジションで重要な役割を担っていたのだ。

 報道では”澤ロス”を叫ばれるが、実際は昨年のカナダW杯では澤は決勝トーナメントに入ってからは1度も先発起用されていない。決勝も含む重要なその4試合でボランチを務めたのは宇津木で、準々決勝のオーストラリア戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選出される大活躍だった。「組織を重視しているとはいえ、私は1対1の局面で勝てる選手になる」と、バシバシと生音がするほど自ら身体をぶつけ、フィジカルバトルでも外国人選手に競り勝てる宇津木の存在は大会を通して際立っていた。

 また、宇津木は誰よりもミスの多い選手かもしれないが、それだけ常に前向きなトライをし続けている選手でもある。そして、そのパススピードは「ドン!」と音がするほど球筋が速く、鋭い。

 1対1の競り合い、パススピード、前向きなトライ・・・etc...。今のなでしこJAPANに足りないモノを宇津木は全て持っている。

 しかし、それらを嘆いているだけでは何も始まらないし、聡明で国際経験も豊富な選手と監督が多くいるなでしこJAPANはこれを解決してくれるだろう。

成熟の時、殻を破れ!!川村優理!
 なでしこは個人の弱点を補い合える集団


韓国戦で川村が見せた勇敢なプレーの数々こそが、今のなでしこの中心になるべき存在の証明。 Photo by Getty Images
韓国戦で川村が見せた勇敢なプレーの数々こそが、今のなでしこの中心になるべき存在の証明。 Photo by Getty Images

 そして、それを実際にピッチで解決しようとしている選手がいる。オーストラリア戦では途中出場、韓国戦では先発フル出場したMF川村だ。所属クラブのベガルタ仙台レディースではポイントゲッターでもある彼女は、国内組のみの招集で挑んだ昨年夏の東アジア選手権で主将を務めていた。それまでは代表ではCBをこなす事が多かったが、代表に定着して来た事で大きな展開も見せるボランチとしての可能性も大いに感じさせていた。

 そんな彼女はボランチでありながら、最終ラインからボールを受けてターンしたり、細かくパスを繋いでいくプレーは苦手だ。しかし、韓国戦では、ボランチ経験も豊富な田中明日菜がCBに入って最終ラインからボールを持ち出し、川村が中盤でのボール捌きは省略してゴール前へ駆け込む事で、攻撃にダイナミズム(迫力)が生まれていた。彼女自身もミドルシュートや、ヘディングでゴールを狙う場面もあったし、引いて来るトップ下起用の宮間のスペースに入って行く動きも機動力という部分でも効果的だった。もちろん、CBで起用されるぐらいの球際での強さも発揮していた。

 そう、中盤での球際の強さを発揮できるのも現陣容では川村しかいない。それこそ、最終ラインからCBの熊谷紗希をボランチに回すくらいしか他に手立てはない。それだと最終ラインが危うくなる・・・・。

 なでしこジャパンは今日、中国との第3戦に挑む。2位以内までの勝点計算で悲観する事に忙しい日本のメディアだが、現在首位のオーストラリアも、2位の中国も、どちらも唯一大きく実力が劣るベトナムとの試合をこなした国だ。正直言って、まだまだ勝点計算をする段階ではない。今日の日本の裏試合でもオーストラリアが韓国に勝つとも限らないし、今後は北朝鮮と中国、韓国も含めてみんなで潰し合いをするかもしれない。

 逆に、なでしこジャパンは今日の中国戦に勝てば、次戦はベトナムだ。連勝濃厚で、最終戦の北朝鮮に全てが懸かるのは同じだが、そこまでの道程はそう容易いものでもないが、そう悲観する必要もない。とにかく、今日の中国戦で勝利する事だ。

 そして、ボランチに先発復帰するであろうMF阪口夢穂は澤や宇津木の最高のパートナーであり、全くプレースタイルが違う澤と宇津木の例はもちろん、”誰と組んでもパートナーの良さを活かせる選手”だ。川村が大きな壁を越えるには最高のパートナーだ。なでしこジャパンは選手個人の弱点を、周囲の選手の長所で補い合える集団だ。

 2016年3月4日は、『川村が大きな壁を越えた日』となるのだ。そして、それは今後の最終予選でも大きな影響がある。

 成熟の時を迎える川村優理はもちろん、今日もなでしこジャパンを応援しましょう☆

あなたもサッカーライターになりませんか?

サッカーキング・オピニオンではライター募集中!

サッカーキング・オピニオンに無料メンバー登録するとできること

あわせて読みたい

コメントコメント

クナブロー

クナブロー 

澤ロスの記事を見ていてモヤモヤしていたのですが、この記事をみてモヤモヤが解消されました。澤選手は確かに偉大な選手でしたが、代表で出た試合数は最近では少ないはずだよな?って思っていたので…。

なでしこの選手に疎いので、誰が重要なのかが掴めなかったので、とてもわかりやすい記事でした。

hirobrown

hirobrown 

クナブローさん、コメント有難うございます。澤ロスと言っても、W杯前の1年間は招集すらされていませんでした。W杯本大会でも決勝トーナメントでは先発はなく、出番すらなかった試合もあったぐらいですから。

 世代交代の失敗や将来性も悲観視される記事ばかりが多いようですが、次世代も実は育ってますから。

ご関心がございましたら、僕の書いたバックナンバーもご覧下さい

→「ヤングなでしこ4度目のアジア制覇」http://opinion.sk/article/9834

→「なでしこに現れた新型MF杉田亜未」http://opinion.sk/article/9353

などです。今後ともよろしくお願い致します。

山本 衆平

山本 衆平 

川村いいですよね。パワーもあって。もう少し技術がついてくれば、と思いました。

hirobrown

hirobrown 

山本衆平さん、コメント有難うございます。川村は中国戦の先制点に繋がるミスだけが残念でしたが、ああした大きなミスを経験した事を今後に活かして欲しいし、託すに値する良い選手だと思います☆

ザワヒーリー

ザワヒーリー 

今回、宇津木の招集がなかった時点で、オリンピックはないと予想していました。こういった声をあげてくれて感謝しています。マスコミがやたらに澤、澤と騒いでいることからも、なでしこJapanに対する認識が甘かったように思います。川村に関しては、国際試合ではスピードがなさすぎるように感じます。浦和の藤田も引退してしまったし、INACの杉田妃和が成長するまで、暗黒の時代が続くと思っています。悲観的な意見で申しわけありません。

hirobrown

hirobrown 

ザワヒーリーさん、初めまして&コメント有難うございます。

宇津木不在の影響を詳しく書くメディアは全くないですね。試合内容さえも薄い記事ばかり。佐々木監督に最後の会見でゴシップと言われるような内容ばかりの報道でした。ああした記事を書くなら、現地で試合を観る意味ないと思います。

 杉田妃和は僕も期待してるんです。上のコメント欄でも関連記事のURLを掲載してますが、以前に書いた事がありまして。ただ、彼女はどちらと言えばトップ下かもしれないですね。

 それから、杉田は杉田でも、伊賀に所属するMF杉田亜未も凄い選手だと思っています。”ダブル杉田”の躍動を早くお伝えしたいですよね~!!

なでしこ応援隊

なでしこ応援隊 

私は逆に、宇津木選手より澤氏ロスを感じました。
(欲をいえば2人とも居て同時起用出来ればベストだった)

宇津木選手は1対1は強いですが、澤氏の様に試合中に守備の距離感を修正したり、
ボランチへのプレスを周囲と連動していなすタイプではないです。
W杯でもプレッシャーの緩かったオランダ戦と豪州戦では非常にいい働きでしたが、
日本を研究してきた相手(準決勝・決勝やオランダ遠征)との試合では、組織としてあまり機能していませんでした。

今回の豪州や中国の様なタイプが相手ですと、優れた個の持ち主がたった1人居るか居ないかでは、
勝敗に大差なかったと思われます。
そのような選手が1人入ったところで、距離感の悪さによるパスミスの多さや、中盤の数的不利は解消されませんから。
組織を統率でき、周囲の選手のバランスを修正できる能力を持った選手が必要だと感じました。

女子サッカー界のパイオニアである本田美登里氏も、
スポニチでの初戦のコラムで「澤が抜けた穴は精神面より守備面で大きい。
澤は相手の攻撃を体を張ってはね返すだけでなく、危機を察知する能力が抜群。」
と述べられていました。
決してスポーツマスコミだけが騒いでいたわけではなかった様です。

hirobrown

hirobrown 

なでしこ応援隊さん、真摯なご意見有難うございます。確かにそうかもしれません。ただ、澤さんはもちろん、宇津木も中央でボールを奪える選手です。また、宮間の精神的な重圧を軽くできる副将タイプでもあるので、また違ったチーム編成ができたとは思います。

やはり、なでしこは普通のチームが相手をサイドに追いやってボール奪取を狙うところを、アバウトなクロスを上げられるのを危惧して、逆に中央に追いやって奪い切るリスク覚悟の守備のメカニズムが特徴だと思います。それをこなせるのが、全盛期の澤さんと、現在の宇津木のみなのだと思いますね。

T.M.Opera O

T.M.Opera O 

澤ロスは賛同し難いものがあるが、宇津木の不在が痛かったというのも同レベルの珍説であろう
コンディション不良で来られなかった、自己管理の甘い選手など不要である
居なかったということ、それ自体が現時点での実力なのである
例え不運でそうなったのだとしても、運も実力のうちというもの
宮間主将や川村、田中明日菜はもちろん、ふるい落とされた猶本や杉田より実力は下だったということに他ならない
かような話を、ちゃんと予選に合わせてコンディションを整えてきた選手達が聞いたら、気分を害するであろう
それも、結果が出た後に後付けで云い出したのだから尚更だ
過去の全盛時の宇津木は戦力であったが、今の宇津木は怪我で大成しなかった有象無象の選手達と同等の存在なのだ
過去の実績やパフォーマンスを持ち出すにしても、上には上がいるというもの
宇津木に対して語ることといえば、驕らず腐らず、精進し這い上がることを願う、ということのみである

山本 衆平

山本 衆平 

T.M.Opera Oさんの厳しさよ。「たられば」は言っても仕方ないということでしょう。しかし、あの宇津木の広い視点や外国人にも負けないフィジカルなど、日本に足りないものを持っている彼女に対して「宇津木がいれば・・・」と思ってしまうのも仕方ないことだと思います。
「宇津木に対して語ることといえば、驕らず腐らず、精進し這い上がることを願う」ということは、やはりあなたも・・・。

T.M.Opera O

T.M.Opera O 

上記コメントの山本某氏については、横から話に割り込んできておきながら
>「たられば」は言っても仕方ないということでしょう。
などとのたまい、論点を理解しきれず話の腰を折っているだけの様なので、放置させてもらうとする

下記の引用文は、川澄が記者から澤ロスの有無について問われ、大人の分別と配慮ある受け答えをしてみせたものである
澤や宇津木の不在を持ち出す人には是非とも見てもらい、感じ取ってもらいたいものである
どれだけその様な主張が戦いの最中の現場にとり邪魔なものなのか、そして不毛なものなのかということを

>「『ないです』と言っても澤さんを悪く言っているようですし、逆だったとしてもいい反応は受けない。
>それについてはコメントできません」

また、敗色濃厚な戦況に乗じ、居なかった選手をどさくさに紛れて持ち上げるという所業についても
下衆の成すことであり、ゴシップを垂れ流すスポーツ記者と同レベルの言説である
ということも、この際はっきりと指摘させてもらう(怒)

hirobrown

hirobrown 

T.M.Opera Oさん、ご指摘有難うございます。お返事が遅くなり申し訳ございません。

宇津木の不在は怪我であると言えます。所属クラブで怪我を理由に欠場しておりますので。

また、結果が出たあとではなく、あくまで僕の記事は2戦目を終わったところで書いた記事ですし、それだけでなく、川村に期待する旨の主張もさせていただいています。その点は誤解のないようお願い致します。

hirobrown

hirobrown 

山本衆平さん、コメント有難うございます。庇っていただき有難うございます。しかし、これも僕の落ち度ですので、お構いなくです。

hirobrown

hirobrown 

T.M.Opera Oさん、申し訳ありません。僕が下衆なだけであり、山本さんは無関係です。

全ては僕が下衆で、なでしこジャパンの邪魔になる記事を書いたのです。

申し訳ありません。

以後、もう記事は執筆しません。

申し訳ございませんでした。

コメントはメンバーの方のみ行えますコメントはメンバーの方のみ行えます