SOCCERKING OPINION

メニュー

山口蛍選手が診断された「眼窩底骨折」って何?

3月29日に行われたロシアW杯2次予選シリア戦で負傷交代した元セレッソ大阪、現ハノーファー所属の山口蛍選手。55分に相手選手と衝突し、プレーは続行不可能でそのまま交代となった。顔面からの流血の場面は誰が見ても痛々しく、搬送後の検査結果が待たれた。直後の速報では顔面打撲、という一報もあり、あの勢いで打撲だけ?って思った人も多かっただろう。ところが明けてニュースを確認すると誰もが予想していた「鼻骨骨折」に加えて「眼窩底骨折」の診断が下されていた。
眼窩底ってなに?どんな骨折?プレーまでどれくらいかかるの?後遺症は?まだなにも発表されていないので特定はできないが、聞いたことのない症状名で心配や不安になっている人も多いだろうから考えうる範囲でみていこう。
また、私も数年かじった程度の勉強をしただけなので、参考としてみてほしい。

一日も早く復帰が待たれる山口蛍選手 Photo by Getty Images
一日も早く復帰が待たれる山口蛍選手 Photo by Getty Images


「眼窩」とは?


なかなか目にしない眼窩という文字。簡単に言えば頭蓋骨の中の眼球が収まっているくぼみのこと。頭蓋骨自体がいくつかの骨の集合体でできているが、眼窩というくぼみも全部で7つの骨で構成されている。
そのなかで眼窩の下方(底)の骨は特に薄く、今回のように眼球に急激な衝撃や外力が加わると眼窩内に圧力がかかり眼球破裂等の最悪な事態を避けるためにも、薄い壁の骨折が起き眼窩内の圧力を逃がすことがある。
この底の骨が折れるのが、「眼窩底骨折」である。
この骨折は、折れたときに眼球に関わる神経や筋肉を挟み込んだり、それによる血行障害の恐れがある場合を含め、整復手術されることも多い。眼窩内には眼球に関わる神経や筋肉など大切な組織が多いため後遺症にも注意が必要になる。
また程度によっては、時間経過によって周囲の腫れが改善され、自然回復ということもある。
今回の場合は、まだ細かい復帰時期や手術の有無なども発表されていないため、その程度はわからないが、飛行機に乗らなければならないことを考えると帰国時期も心配されるだろう。現在の所属先のハノーファーは、現在最下位。シーズン終盤の負傷は今後にどう影響するか。

サッカー選手の前例


前例はたくさんあるが、浦和レッズの梅崎選手は、2013年に受傷した際、受傷から1週間で手術、それから約3週間でリーグ戦復帰を果たしており、最近でいえば昨年の11月に受傷したサンフレッチェ広島の水本選手(全治4週間発表)は受傷から3週間後にはフルメニューをこなすまでに回復し、その後数日でベンチ入り。有名なところでいうと中山雅史選手(現アスルクラロ沼津)が代表合宿中に受傷(ダイビングヘッドに対して相手の膝が顔面に入る)、帰国し手術。このときは失明寸前の重傷で、復帰まで1年かかるといわれながら振り切り2カ月復帰という例もある。
中山選手は珍しい例になるが、今までの症例をみると手術を行っても、手術から大体4週間で復帰できることが多いようだ。
ボールが眼球に当たるだけでも簡単に起こりうる眼窩底骨折。日常生活でもあり得るくらいなのだから、接触プレーの多いサッカー選手には、本当に気を付けてもらいたい。

あなたもサッカーライターになりませんか?

サッカーキング・オピニオンではライター募集中!

サッカーキング・オピニオンに無料メンバー登録するとできること

あわせて読みたい

コメントコメント

Yokozawa Yoshitaka

Yokozawa Yoshitaka 

ナイス押しました!Numberのインタビューだったと思うのですが眼球の動きに後遺症があると中山選手語っていました。それでもあのプレースタイルが変わらなかった事に尊敬ですね。

Azu.

Azu. 

Yokozawa Yoshitaka さま
ナイス&コメントありがとうございます!私がサッカー好きになったのは中山選手ということもあり、本当に尊敬しています。眼球の動きや複視、しびれなど色々な後遺症の可能性があるそうなので、問題なく軽傷だといいですね。

イシカワ

イシカワ 

まだ試合観てないのですが記事読む限りかなりの重傷そうですね。。数か月後、ハノーファーでフェイスガードを付けたバットマンが活躍するのを祈りましょう。

Azu.

Azu. 

イシカワさま
結構しっかりはいっているので、あたりどころが悪くないことを祈ってます。視覚系の後遺症が残ったらスポーツ選手は影響大きいですから…。バットマンの早々の活躍を待ちましょう!

コメントはメンバーの方のみ行えますコメントはメンバーの方のみ行えます